本を作る

自費出版のご案内

本を作るということは、自分自身と向き合うこと。
思いを込めた一冊の本が、誰かの心に届いたとしたらこんなに素敵なことはありません。
世界でたった一冊の本だからこそ、作者の個性と創造力を最大限表現できるよう、
お一人お一人とじっくり向き合い、美しい一書に仕上げます。

 

◐弊社刊行の書物は全国の書店およびAmazonにてご注文、お取り寄せができます。

 

◐個人出版、一部流通書籍のご相談、お見積りは随時無料にて承ります。

   自費出版お問い合わせフォーム、または電話・FAXにて直接ご連絡ください。

  【 電話・FAX:03-5926-4386 】

   ※ファックスを送信の際は、お名前、電話番号、メールアドレス、ご住所等のご記入をお願いいたします。

       ご記入がない場合、折り返しの連絡ができかねますのでご注意ください。

 

本が出来上がるまでの流れ

打合せ

お話をお聞きしながら本の内容・体裁・印刷部数・刊行希望日など具体的な内容を決めていきます。
全体の構成、章立てなど出版に関するアドバイスをさせていただき、内容に応じたお見積書をお出しします。

ご契約

お見積書をご確認の上、ご了承いただけましたら、印刷所・デザイナー等を決定し、編集作業をスタートします。着手金といたしまして、お見積額の半額を前払いにてご入金ください。

原稿整理

原稿を受け取りましたら、編集者が構成・内容等を確認し、原稿整理の上、印刷所に入稿します。

初校

初校ゲラが出ましたら、プロの校正者のチェックを経て、内容や語句に問題がないか丁寧に確認いたします。

著者校正

著者様に疑問点や確認事項を書き入れた校正ゲラをお送りします(著者校正)。疑問箇所にご回答いただき、適宜修正指示をいただきます。スケジュール表をお渡ししますので、校正ゲラを期日までにご返送ください。

再校

再校では、初校時の修正箇所と、序文・あとがき等を含めた全体をご確認いただきます。校正の回数は原則として初校・再校の2回です。再校の校正ゲラをお戻し後、編集部で最終校正を行い、校了となります。

装丁

打合せでお伺いしたご希望をもとに装丁案をお渡しし、ご相談のうえ決定します。付物(カバー・表紙・帯等)は、実際に印刷する紙に印刷した色校正をお出ししますので、出来上がりに近いイメージをご確認いただけます。

印刷製本

本文・付物ともに校了した後、印刷・製本に入ります。

納品

出来上がった本をご指定の場所に納品します。また、国立国会図書館に納本します。
出版物には、国際標準図書番号(ISBNコード)がつきます。個別の発送代行業務、名簿の作成につきましても承ります(有料)。


※制作期間には通常3~4か月いただいておりますが、お急ぎの場合はご相談ください。

▸ 自費出版お問い合わせフォーム