朔の本

阿部怜児句集『天守』

発行:2020年10月20日
帯文・序句:深見けん二
カバー写真:阿部浩一
装丁:奥村靫正/TSTJ
四六判並製 198頁 2600円+税
ISBN:978-4-908978-54-8 C0092


直接小社にお申込みいただくか、お近くの書店、
またはAmazonでのご購入が可能です。
詳細はこちらへ

▸小社から購入 ▸Amazonで購入

父母を想う、其処に城あり

深見けん二氏を師とし、客観写生を貫く「花鳥来」同人の第二句集。句集に収めた8年の間に故郷・姫路に住む両親を看取り、情の深い句に鎮魂の思いが宿る。巻頭には師による「ふるさとに看取る父母城の秋」の序句が添えられ、一層あたたかい


◆帯文より

青空を埋め辛夷の重ならず  怜児 

一緒に見た辛夷の句であるが、この句は真正面から詠んで成功した写生句である。この句集の期間、怜児さんは、故郷の御両親を看取られた中での作句で、情の深い句が多く、それは人に対しても、自然に対しても同じである。それを深めるとともに、私は怜児さんに掲句のような写生句も期待している。(深見けん二)


◆自選12句

散らばりて夕日の影を落椿
二つ目の鳴りてまさしく春の雷
もう母のまどろんでをり花疲
寄るほどに泰山木の花の照り
滴りや全山の音みなここに
太平洋ひと泳ぎして男去る
弟に先を越されし墓参
蟷螂の抱へ直して蜂を食む
吾が影の露に濡れたる草千里
夕焼のをさまり牡丹焚きはじむ
石垣にはりつき城の煤払
ダムの水豊かに湛へ山眠る


<著者略歴>
阿部怜児(あべ れいじ)
昭和24年、兵庫県神戸市生まれ
昭和48年、東京大学農学部卒業
平成4年、社内の俳句部に入会、深見けん二に師事
平成8年、「花鳥来」入会
平成16年、「青林檎」入会
平成24年、第一句集『橋』上梓
現在、「花鳥来」会員・編集委員、「青林檎」同人、俳人協会幹事

ひとつ前のページへ戻る